2014A期におけるSACLA共用ビームライン 利用研究課題の募集について

2014A期は締め切りました

平成25年10月2日
登録施設利用促進機関
公益財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI)

平成24年3月より開始された、独立行政法人理化学研究所のX線自由電子レーザー施設 SACLA において、JASRIは以下の要領で、第5回目の利用期となる2014A期(平成26年3月〜平成26年7月実施予定)のSACLA共用ビームライン利用研究課題の募集を行います。

《 2014A期からの新事項(該当者のみ)》

これまでに、本申請に関連したSACLA実施課題がある場合には、参考資料として 進捗報告書 (A4版1ページ程度)をご提出ください。
提出方法等については、「6.応募に必要な課題申請等手続き及び注意事項等」をご参照ください。

1.募集する課題の種類

SACLAの利用研究課題は、重点戦略課題と一般課題に分類されます。
重点戦略課題においては、平成24年度に開始されました文部科学省委託事業「X線自由電子レーザー重点戦略研究課題」に係る利用研究課題も2012B期より含まれております。

 [ SACLA 利用研究課題の種類及び概要 ]
種類 概要
重点戦略課題※1, ※2

成果の創出を戦略的に図る観点から、国の方針等を踏まえた上でテーマを設定し、設定されたテーマに沿って公募する課題
《詳細は重点戦略課題のテーマ をご覧ください。 》

一般課題※2

特定のテーマ等を設定せずに公募する課題(=重点戦略課題以外の課題)

※1 重点戦略課題においては、文部科学省委託事業「X線自由電子レーザー重点戦略研究課題」に
  係る利用研究課題も2012B期より含まれています。その場合、課題申請時に当該委託事業に
  係る事項の記載が必要となります。

 

※2 BL3の実験ステーションEH5(SACLAーSPring-8 相互利用実験施設)を利用する課題につ
  いて
 ○当該ステーションにおいては、「XFELのみ利用」又は「SPring-8(BL32XU理研ターゲット
  タンパクビームライン)の放射光も利用」のいずれも可能です。
 ○上記のいずれの場合においても、SACLAの利用研究課題として取り扱われます(SPring-8の
  放射光を使う場合もSACLA課題としてのみ申請となります)。
 ○SPring-8の放射光のみの利用は本申請では不可です。その場合は、SPring-8利用研究課題に
  申請ください。

なお、2014A期は、いずれの課題についても、成果を専有せずに公開する義務を有する「成果非専有利用」のみの募集であり、成果を公開せずに専有することが可能な「成果専有利用」の募集はありません。また、これら課題の有効期間は、当該2014A期のみとなります。

2.応募資格

基本的に制限はありませんが、以下にご留意ください。

  1. 海外の機関に所属する方

    実験責任者としての応募は可能です。但し、コンタクトパーソン(利用に係る手続き、JASRIからの問い合わせ等に対し対応が可能な方)として、 共同実験者に日本国内の機関に所属する方1名以上の参画を義務付けます。適切なコンタクトパーソンが見当たらないような場合は、お問い合わせ又はご相談ください。
    日本国外の国にある機関に在籍し、SACLA利用の際は海外から来訪される方

  2. 学生の方

    実験責任者としての課題応募はできません。なお、共同実験者として参画することは可能です。

3.利用できるビームライン・装置等

利用可能なビームラインは共用BL3(XFELビームライン)及び共用BL1(広帯域自発放射ビームライン)の2本、利用可能な装置は、これらビームラインに設置された実験装置等です。詳細は「ビームライン情報」をご覧ください。
BL3のEH5において、SPring-8(BL32XU 理研ターゲットタンパクビームライン)の放射光も利用する場合は、課題申請時に放射光利用に係る記載事項があります。
要求シフトはSACLA及びSPring-8で同等のシフトとしてください。1シフトあたりの時間が施設により異なりますので(SACLAは12時間/シフト、SPring-8は8時間/シフト)、同等の要求シフトを算出される際はご注意ください。SACLAの要求シフトは整数としてください。
 【例】SACLAで3シフト要求=SPring-8で4.5シフト要求

なお、SACLAでは実験装置等整備・立ち上げを継続的に行っているため、実験装置等の情報は随時更新されますので、ご留意ください。

4.利用期間

2014A期は平成26年3月より平成26年7月(予定。この間の施設メンテナンスによる調整期間等を除く)において、当該期間中の施設運転を24時間連続で行い、利用時間(ビームタイム)を利用者へ提供します。また、課題ごとのSACLAのビームタイム配分は、基本的にシフト単位(1シフト=12時間)となります。

なお、予算状況等により利用期間が変更になる場合がありますので、予めご了承ください。

5.利用に係る料金

  1. ビーム使用料

    2014A期で募集する「成果非専有利用」は、ビーム使用料は免除されます。なお、前述のとおり、2014A期においては、「成果専有利用」(ビーム使用料を要する利用)の募集はありません。

  2. 消耗品の実費相当の負担

    利用実験においてビームライン実験ハッチにて使用する消耗品の実費(定額分及び従量分の2種類あり)相当を、全ての利用者にご負担いただきます。
    BL3のEH5にてSPring-8の放射光を利用する場合、消耗品費(定額分)はSACLA分のみのご負担となります。

    平成26年4月からの消費税率引き上げ(5% → 8%)に伴い単価が変わります。採択後のビームタイム利用時期により金額が異なりますので、ご承知おきください。

A.定額分 平成25年度内
(〜平成26年3月31日までの利用)
税込 15,450 円/1シフト
平成26年度以降
(平成26年4月1日以降の利用)
税込 15,891 円(現予定)/1シフト
B.従量分 使用料に応じて算定(SPring-8のストックルームで提供するパーツ類等)
※利用者別に分割できない消耗品実費相当

なお、2014A期において、海外の機関に所属する方から応募された課題については、消耗品の実費相当(A.定額分+B.従量分)額を支援します。
また、定額分は、これまでの実績等を踏まえ、次の利用期(2014B期)以降変更する可能性があります。

6.応募に必要な手続き及び注意事項等

課題応募(課題の申請)は、SACLA UIサイト(SACLA User Information Website)を利用して申請を行っていただきます。

  1. ユーザー登録

    ユーザー登録は、SACLAに隣接するSPring-8と同じシステムにてご登録いただきます。課題の申請時にユーザーカード番号とパスワードが必要となりますので、まず最初に当該登録を行ってください(新規ユーザー登録)。申請者(実験責任者)だけでなく、共同実験者として登録される方も同様にユーザー登録が必要になります。

    なお、SPring-8ユーザーとして既に登録がなされている方につきましては新たな登録は必要ありませんが、SPring-8やSACLAの課題採否通知の送付等、各種ご連絡に必要な情報がありますので、既存ユーザー登録内容をご確認のうえ、必要に応じて情報の更新をお願いします。

  2. 課題申請

    【申請方法】

    課題申請はWebサイトを利用した電子申請により行います。
    申請方法の詳細については「SACLA 利用研究課題オンライン入力要領」をご参照
    ください。

    【申請書作成について】

    申請書作成に際しては、下書きファイルを用意しておりますので、ご利用ください。

    申請書下書きファイル
      一般課題 1) 申請書下書きファイル〔一般課題〕 (775 ダウンロード)
      重点戦略課題 1) 2) 申請書下書きファイル〔重点戦略課題〕 (721 ダウンロード)
    1) BL3のEH5において、SPring-8(BL32XU 理研ターゲットタンパクビームライン)
      の放射光も利用する場合は、課題申請時に放射光利用に係る記載事項があります。
    2) 重点戦略課題において、文部科学省委託事業「X線自由電子レーザー重点戦略研究
      課題」に係る利用研究課題として応募される場合は、当該委託事業に係る記載事項
      があります。

    【進捗報告書の作成・提出について(該当者のみ)

    これまでに、本申請に関連したSACLA実施課題がある場合には、参考資料として
    進捗報告書(PDF形式、A4版1ページ程度)をご提出ください。進捗報告書には、
    以下に示す項目について簡潔にご記載ください。

    ■課題名 ■課題番号 ■実験日及びシフト数 ■実験内容・結果の要約
    ■成果の発表状況(論文(出版済み/印刷中)・主要な招待講演・プレスリリース・
     受賞・特許等)

    追加書類テンプレート
      進捗報告書[様式S] 申請書_進捗報告書[様式S]J (702 ダウンロード) , 申請書_進捗報告書[様式S]J (771 ダウンロード)
     通常の課題申請(Web申請)とは別に、メール添付にて下記までお送りください。
     送付先:JASRI利用業務部 sacla.jasri@spring8.or.jp

    なお、課題申請時は、ログインユーザー名で実験責任者登録されるため、代理で課題申請書を作成する場合は、実験責任者のユーザーカード番号でログインし、作業する必要があります。その場合、実験責任者が責任を持ってアカウントやパスワードを管理してください。申請書提出後は、共同実験者も閲覧が可能となります。

  3. 応募受理通知

    申請が完了すれば、SACLA課題申請受理通知と応募者控え用の 誓約事項 のPDFファイルがメールで送られます。メールが届かない場合は申請が受理されていない可能性がありますので、以下の通り確認してください。

    UIサイトからマイページにログインし、メニュー(画面左側)の 課題申請書>提出済 をクリックしてください。( トップページ ≫ ログイン ≫ 課題申請/利用計画書 )

    1. 申請課題が「提出済」に表示されていない場合
      →受理されていません。もう一度申請課題の「提出」操作を行ってください。
    2. 申請課題が「提出済」に表示されている場合
      →受理されています。ユーザー登録内容が正しいにもかかわらずメールが不着となっている場合は、利用業務部 までお問い合わせください。
  4. その他
    ①. 課題の有効期間について
    SACLAの課題は、当該利用期間(2014A期)内に実行できる範囲の具体的な研究内容で申請してください。例えば、研究そのものが何年も続いていくことと、SACLAの課題実施期間(各利用期ごとに課題公募)とは別に考えてください。
    ②. 実験責任者について
    実験の実施全体に対してSACLAの現場で責任を持つことができる方が実験責任者となってください。

7.募集締切

  平成25年11月15日(金) 午前10時 JST(申請書類の提出完了時刻)

    進捗報告書[様式S](該当者のみ)の提出期限も同締切となります。

電子申請システムの動作確認はしておりますが、予期せぬ動作不良等の発生も考えられます。申請書の作成(入力)は時間的余裕をもって行っていただきますようお願いいたします。
Web入力に問題がある場合は、利用業務部 へ連絡してください。応募締切時刻までに連絡(締切日当日に限る)を受けた場合のみ別途送信方法のご相談に応じます。

8.課題の審査及び審査結果の通知

  1. 課題の審査
    応募された課題は、登録施設利用促進機関JASRIが以下の審査基準に従い、公平・公正に審査のうえ採否を決定します。

<SACLA利用研究課題審査基準>

利用研究課題を次の基準に沿って総合的かつ専門的に検討評価して課題の選定を実施する。なお、選定に当たっては、科学技術基本計画等国の方針を踏まえるとともに、国際協調と国際競争力の強化のバランスに配慮しつつ、独創的で開拓的な研究が採り上げられるよう留意する。更に、人材の育成に関する機能を果たす課題についても配慮する。

(1)科学技術的妥当性として、次の①又は②に該当すること。
  ① 最先端の科学技術的価値(斬新性、革新性)を有すること又は
    SACLAの新たな可能性の開拓に貢献するとともに、以下の(イ)又は(ロ)のうち、
    いずれかに該当すること。
   (イ)学術的な貢献度が高いこと
   (ロ)産業利用の推進に貢献すること
  ② 重要な社会的意義を有する又は社会経済へ寄与すること
(2)研究手段としてのSACLAの必要性
(3)提案課題の実施及び成果の利用が平和目的に限定される等、科学技術基本法や
   社会通念等に照らして、当該利用研究課題の実施が妥当であること
(4)実験内容の技術的な実施可能性
(5)実施内容の安全性
(6)重点戦略課題については、課題解決に向けた道筋の明確性についても重視する。
(7)配分可能ビームタイムが利用研究課題の実施に必要なビームタイムを下回る場合、
   ビームタイム配分可否境界上の重点戦略課題及び一般課題において、選定に際し
   同等の評価を得た課題については、重点戦略課題の重要性に鑑み、その選定を
   優先する。

  1. 審査結果の通知
    審査結果(応募課題の採否)は、平成26年1月下旬に文書にて通知予定です。

9.利用課題実験報告書

成果非専有課題実施の透明性を確保するため、利用研究課題終了後60日以内に、実施した利用研究内容の報告を義務付けます(分量はA4版1ページ以内、言語は英語又は日本語、記載内容は、研究の目的、実験方法、測定内容、試料名、結果の概要)。

提出された利用課題実験報告書は、ユーザータイム終了後60日目から2週間後にWeb公開します。利用課題実験報告書の詳細につきましては、SACLA UIサイトの「利用課題実験報告書 / Experiment Summary Report」をご参照ください。

10.成果の公開

成果非専有課題は、課題実施期終了後3年以内に、以下のいずれかでの成果の公開を義務づけます。また、BL3のEH5にてSPring-8(BL32XU 理研ターゲットタンパクビームライン)の放射光も利用した場合、論文等成果発表の際には、以下のいずれにおいてもSACLAとSPring-8の両施設を利用した旨を明記することを義務付けます。

1.課題番号が明記されている査読付き論文(査読付きプロシーディングス、博士学位論文を含む)

〈論文発表に至らなかった場合〉
2.SACLA利用研究成果集
3.企業の公開技術報告書(産業利用のみ)

論文登録先:UIサイト(トップページ>マイページにログイン>申請/報告>論文発表等登録)
成果の公開に関する詳細につきましては、SACLA UIサイトの「成果公表(論文・特許)」をご参照ください。

11.その他

  1. 放射線業務従事者登録
    SACLAのビームラインを利用される方は、放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律(法律第167号)に従い、放射線業務従事者登録が必要となります。
  2. 単独実験・作業の禁止
    実験の安全上の観点から、原則として単独での利用はできません。共同実験者を確保した上で応募(実施)してください。
  3. 装置の故障、災害発生時及び伝染病発生時の措置
    状況により、課題採択後のビームタイムを利用できない場合がありますが、その場合、ビームタイムの補償はできないことを予めご了承ください。

12.お問い合わせ・ご相談先

  1. 利用制度その他全般に関するお問い合わせ・ご相談
     〒679-5198 兵庫県佐用郡佐用町光都1-1-1
     公益財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI) 利用業務部
     TEL:0791-58-0961
     FAX:0791-58-0965
     e-mail:sacla.jasri@spring8.or.jp
  2. 利用研究に係る技術的お問い合わせ・ご相談
     〒679-5198 兵庫県佐用郡佐用町光都1-1-1
     公益財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI) XFEL利用研究推進室
     e-mail:sacla-bl.jasri@spring8.or.jp

13.SACLAの供用に関する参考資料

  1. 特定放射光施設の共用の促進に関する基本的な方針<文科省Webサイト>
  2. X線自由電子レーザー利用推進方針<文科省Webサイト>
  3. X線自由電子レーザー利用推進計画<文科省Webサイト>
  4. 登録施設利用促進機関 業務規程
  5. 放射光共用施設の利用研究課題選定に関する基本的考え方
  6. 特定放射光施設の利用促進業務における情報管理に関する基本的考え方

以 上

ページトップへ

Print Print