Window Close

User Information

Windows Vistaの設定例

1.無線LAN接続機能を使用可能な状態にします。

ネットワークの設定画面を開きます。
[コントロールパネル] → [ネットワークとインターネット] → [ネットワークと共有センター] をクリックします。

「ネットワークと共有センター」にある、[ネットワーク接続の管理]をクリックします。

「ネットワーク接続」ウィンドウが開いたら、「ワイヤレスネットワーク接続」のプロパティを開きます。

「インターネットプロトコル バージョン4 (TCP/IPv4)」を選択し、[プロパティ]をクリックします。

「IPアドレスを自動的に取得する」「DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する」が選ばれていることを確認します。

2.無線LAN基地局に接続を行う為の設定を行います。

ネットワークの設定画面を開きます。
[コントロールパネル] → [ネットワークとインターネット] → [ネットワークへの接続]をクリックします。

「SP8-GUEST」を選択し、プロパティを開きます。

「SP8-GUEST ワイヤレス ネットワークのプロパティ」ウィンドウが開いたら、下記のように設定・入力を行います。

セキュリティの種類:「WPA2 – パーソナル」
暗号化の種類:「AES」
ネットワークセキュリティキー:利用推進部のユーザーカウンターもしくは研究交流施設のロビーカウンターにて通知いたします。

設定完了後、自動的に接続が行われ、問題がなければネットワークに接続した状態となります。

3.アカウント情報を入力し、無線LAN経由へインターネット接続を行います。

Webブラウザを起動します。自動的にユーザ認証画面へ転送されます。

Username(ユーザー名)、Password(パスワード)を入力し、“Logon User”をクリックします。
ユーザー名(Username)はSPring-8カードに記された7桁のID番号です。
(ゼロも含めて入力します)
パスワード(Password)はSPring-8カード発行時に設定したものと同一です。

表示させたいWebページが表示されていれば、認証が成功した事になります。
この状態でWebブラウザ、メールソフトなどの通信が可能です。
再度アカウント情報入力画面が表示される場合は、アカウント、パスワード等の接続情報が間違っている可能性があります。
再度ご確認ください。

Print Print