来所/実験

教育訓練一覧/安全テキスト

 

■ 利用実験に係る安全等教育 一覧

下記表は、SPring-8/SACLAの利用研究課題を実施する前に、事前に受講しなければならない
安全教育の一覧です。該当者は、各種手続きを行い、安全教育を受講してください。
各種手続きの詳細につきましては、該当区分を選択し、提出書類詳細をご覧ください。

◆安全等教育受講のための手続き

区分 受講申請の方法 提出期限 実験責任者 共同実験者
外来放射線作業者 様式5-1の郵送提出
(オンライン作成)
年度初回来所の
10日前
高出力レーザ機器
持込使用
様式24-1の郵送提出 レーザ機器持込・
設置の14日前
常設レーザ機器使用 様式24-2-2の郵送提出 年度初回来所の
10日前
液体窒素 JASRI安全管理室で受付
(蓄積リング棟A中央2階)
使用までに
安全テキスト教育資料
(生物系・化学物質)
下記の安全テキスト教育資料に関しては各自が一読

各手続きの必要有無: ◎=全員, ○=該当者のみ

◆安全テキスト教育資料

安全テキスト教育資料は、SPring-8/SACLAで実施される研究の安全確保を目的として、化学及び生物系実験を行う施設利用者の皆様に共通の安全認識やルール等の理解を深めていただくためのものです。関係者全員、これらテキストをご一読ください。
化学物質の取扱いについて(第2版)
生物系実験について(第2版)

【問い合わせ先】
公益財団法人高輝度光科学研究センター 利用推進部
(TEL:0791-58-0961 e-mail:sacla.jasri@spring8.or.jp)

Print Print